日産自動車の特徴

しかし最高経営責任者のカルロス・ゴーンが新たな就任してからは
ゴーンは日産自動車の建て直しの手腕が高く評価されました。
2005年4月からは親会社のルノーの代表取締役会長も兼任しており、現在はゴーンCEOの指揮の下、日産自動車生え抜きの志賀俊之が最高責任者を務めています

燃費性能が27.2km/Lに向上していたとっても低燃費です。
・上質感が追求されたハイト系軽ワゴンで、スズキのMRワゴンのOEMモデルです。
日産軽の主力モデルとなるハイト系軽ワゴンの3代目になっています。
・モコと分かる特徴的なヘッドランプ
・安定感のあるフロントバンパーの採用
・ロングルーフによる室内の広々感を想像できるスタイル
・インテリアは、2425mmに延長されたホイールベースで広々とした室内空間
・視認性の高いファインビジョンメーターやインパネ一体式のピアノブラックのタッチ式オーディオなど質感の高さがとっても人気
環境性能も改善され、新開発のエンジンとミッションにより、クラストップレベルの低燃費です!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です